カメラ

RAW現像とは?Jpegとの違いは何か比較検証!カメラ初心者こそRAWで撮ろう!

初心者こそRAWで撮影するべき!

RAWで撮影をすると後からホワイトバランスや明るさを調整できるため「撮影時のミスをカバーできる」と言う利点があります。

パンくん
パンくん
早く教えて!

・明るすぎる写真を現像で復活させた例

↓RAW現像で明るさを調整

綺麗な空の青色が復活していい感じになりました!
加工は写真の上から塗り絵していくようなイメージで、
現像は写真を元から変えていくイメージです。

RAW現像は奥が深いですが初心者でも簡単に実践することができますので是非見につけましょう!

この記事を読んでわかること

・RAW現像とは。Jpegや加工との違い。
・実際にRAW現像したところを見てみる。
・おすすめの現像ソフト

RAW現像とは?

RAW(呼称:ロウ)とはRaw image formatの略称で、Rawは生・未加工といった意味合いです。
カメラメーカーにより拡張子が.CR3(Canon).NEF(Nikon).ARW(sony)などがありますが内容は同じと考えて良いです。

デジタルカメラでは主にJpegやRAWでデータを保存できます。

そもそもJpegとは

小さな容量で様々な端末からみることができる世界的に標準の画像拡張子です。
そのため、RAW現像した画像は”最後Jpegに変換して完成”というのが一般的です。

・RAWでない撮影データ
撮影の際に、ホワイトバランスやコントラスト・彩度などのデータを決定し画像を保存。その場で決定したもの以外は削除するため、容量は小さい。

・RAWで撮影したデータ
ホワイトバランスなどを撮影時に決定することなく、大量の情報を保存。そのためJpegより数倍大きいデータ容量となる。(画素数などによる)

パンくん
パンくん
うーん、なんとなく理屈はわかったかな。ちょっと実際にやってみてよ!

では実際にRAWとJpegの違いを見てみましょう!

実例:RAWとJpegの違い

今回は世界一使用されている写真現像ソフト「Adobe Lightroom」を使用して解説します。
[明るすぎる写真を調整する]
・元画像

・左(RAW現像)、右(Jpegを加工)

どちらも明るさを-2.50に調整しています。

撮影情報量の多いRAWは明るさを調整すると元の色味がはっきりと出ますが、Jpegの方は単に暗くなっただけですね。

パンくん
パンくん
えー、こんなに違うのか、そりゃみんな現像現像ってうるさいわけだね。

[ホワイトバランスを調整]
・元画像

・左(RAW現像)、右(Jpegを加工)

今回はわかりやすくホワイトバランスを両方MAXまで暖色側にしました。

どちらも色味は暖かく(赤っぽく)なりましたが、Jpegは明るさまで変わってしまいました。

RAWには大量の色データがあるため、自然にホワイトバランスを調整できますが、Jpegは色データがない中で無理やり調整しているので、”こういった他の補正情報まで変えてしまう”という現象が起こるようです。

パンくん
パンくん
なんとなくだけど違いがわかってきたかも!ボクもRAW現像やってみたいな!

なんとなくで大丈夫!

現像は様々なことができますが、最初は明るさやホワイトバランスをいじるところから皆んな始めていますので、気軽に始めてみましょう(*゚▽゚)ノ

無料や有料のおすすめ現像ソフト

無料版でも現像の基本的な部分は可能なのでRAW入門には良いです。

また、上記でご紹介したことしたこと以外にもRAW現像では様々なことができます。

手引書があると便利とても助かります。
使用者の多いソフトであればネットにもたくさん情報がありますので、都度ネットで調べる方法もあります。

created by Rinker
¥2,068
(2019/10/18 01:06:58時点 Amazon調べ-詳細)

無料版は特にカメラメーカーが提供しているものが多いです。詳しくはコチラにまとめました。

[RAW現像]おすすめのフリーソフト7選!カメラメーカーごとの無料編集ソフトご紹介!無料で使えるRAW現像ソフトをまとめました! RAW現像についてよくわからない方はこちらの記事を参考にしていただけると嬉しいです。...

有料版では一番のおすすめである「Adobe Lightroom」などをご紹介しています。

[RAW現像]おすすめの有料ソフト・アプリ3選!無料期間をうまく利用しよう。Lightroomのプラン比較!RAW現像で人気の有料ソフトを厳選しました(*゚▽゚)ノ RAW現像について知りたい方はこちらの記事が参考になると思います。 ...

まとめ

まずは無料期間を利用してLightroomなど有料のものを使ってみましょう。

その後、各カメラメーカーの無料品を使ってみて不満があれば有料版の検討するのが堅実です。

パンくん
パンくん
ありがと〜、とりあえずLightroom無料で試してみようかな!

この他にもカメラや撮影イベント情報などまとめていますので、よかったらご覧いただけると嬉しいです。

一緒にカメラを楽しみましょう(*゚▽゚)ノ

著:つっしー

[一眼カメラ]最初に揃えたいおすすめアクセサリー総まとめ[一眼レフやミラーレス一眼に]カメラを購入したら最低限揃えたいアクセサリーから、もっとカメラが楽しくなるアクセサリーをご紹介します! なんとなくカバーやストラッ...
[レビュー]ポートレート撮影おすすめの本9選をご紹介[一眼カメラ初心者〜中級者まで]読み放題サービスも!!今回は実際に買ってよかった本をご紹介します! 個人的には電子書籍版の方がオススメです。 「撮影の際、いつでも簡単に読み返...
[ポートレート]もう白飛びしない!NDフィルターの使い方[初心者用]おすすめの人気商品と選び方もご紹介!晴天の日など外が明るすぎて白飛びしやすいですよね。 今回はそんな白飛び対策で「NDフィルター」がオススメというお話です! ...
[ポートレート]おすすめの人気ストロボ・選び方[初心者]格安ストロボGODOX・Neewer・YONGNUOが熱い!今回はポートレート用にストロボ(スピードライトとも言う)欲しいけどどれ買えばいいの?安いのでもいい?という疑問を解決したいと思います! ...
2019年コスプレ・コンパニオン年間撮影イベントまとめ[コミケや東京オートサロンなど]こんにちは、イベント情報発信カメコのつっしーです。 毎月撮影イベントをまとめていますが、簡易的に年間のスケジュールもまとめようと思...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です