カメラ

[レビュー]GODOXのXproとX1Tを1年間使ってみた![おすすめ商品・比較・口コミ]

オフストロボに最適なGODOXのXproとX1Tを1年以上使ってみたので比較レビューしたいと思います。

created by Rinker
GODOX
¥7,650
(2019/11/20 08:50:41時点 Amazon調べ-詳細)

「オフストロボについて何?」という方はこちらの記事が参考になると思います。

オフストロボの方法!オススメの必要機材はこれ!![初心者用]ラジオスレーブや送信機って何?人気商品紹介!こんにちは、イベント撮影情報発信カメコのつっしーです(*゚▽゚)ノ 今回は、カメラからストロボを離して活用する「オフストロボ」に必...

XproとX1Tどっちがおすすめ?


画像左:GODOX Xpro
画像右:GODOX X1T

使ってみると両機ともメリットがありました。

Xproのメリット

・画面の大きさと角度が見やすい
・操作性が高い

X1Tのメリット

・少し安い
・クリップオンのように使える

ではどちらが良かったかと言うと、

おすすめは断然Xproです。

Xproがおすすめの理由

理由はただ一つ、操作性の違いです。

「XproとX1Tに出来ることは同じ」ですので、理由は単純に「XproはX1Tよりも液晶が大きくボタンも多いため操作性に優れてる」と言う点です。

一方X1Tは液晶が小さく表示できる内容にも限界があり、省略された表示になっていて慣れるまで意味が分からないものが多いです。(下記で解説)

ボタンも少ないため、Xproよりも各種設定に時間がかかり、撮影のテンポが悪くなります。

操作性の違い

光量の設定方法

・Xpro


左の縦に5個並んでいるのが各ストロボを一発で選択するボタンです。5台まで遠隔設定可能。(最大16台まで接続可能)

画像は一番上を押してAに設定したストロボの設定画面です。

これにより撮影中の各ストロボの設定がスムーズになります。光量の設定は円形のダイヤルを回すだけです。

・X1T


ボタンは3個だけなので大変ですね。

画面の大きさの都合上でしょうか、遠隔設定できるストロボは3台までです。(最大5台まで接続可能)

設定したいストロボを右のダイヤルを回して、GRボタンで決定します。その後ダイヤルを回して光量の設定が完了したら、最後にGRボタンで決定します。

撮影中などは操作が多く、結構煩わしいです。

各種設定方法

・Xpro


右にある[MENU]ボタンを押すとこのような画面になり、あとは直感的に操作できるのでとても便利、というか、「当たり前のことが当たり前にできていい感じ」と言った感想です。

・X1T


一方X1Tの実質のメニューが画面がこれです。最初は全く意味がわかりませんでした。(さらに付属のマニュアルは日本語非対応という。。。)

これは[CH/OK]ボタンを長押しするとこの画面に移行します。

この状態での意味は「Fnの00の設定は00になっていますよ」という意味です。ちなみに「Fnの00〜Fnの10」まで、計11個の設定ができます。

Fn 00シンクロの遅延設定
Fn 01オートパワーのオンオフ
Fn 02照射角の設定
Fn 03シンクロ端子の設定
Fn 04マルチ発光の設定
Fn 05最小発光量の設定
(1/128 or 1/256)
Fn 06グループ数の設定
(3グループ or 5グループ)
Fn 07ビープ音のオンオフ
Fn 08光量数値の設定タイミング
Fn 09APPモードのオンオフ
Fn 10IDの設定

設定する際にこれらを現場で覚えてなくてはならないため、慣れるまで結構時間がかかりますし、慣れても操作感が悪いのは変わらないですね。

X1Tならではの良さもある


X1Tにはホットシューが付いているため、クリップオンのように使うことができます。

撮影中に正面からの光が欲しくなったりした時には有効ですし、イベント撮影などでは左手に持っていたストロボを取り付けて両手フリーにすることもできます。

そして人気のGODOX AD200+EC200を組み合わせればこのようにオフストロボ専用のAD200をクリップオンのように使うことができます。

一般のクリップオンストロボで発光量が足りない時などに重宝しています。

個人的にはよくイベント撮影などで「Xpro+AD200+EC200+H200R+ドームディフューザー」を組み合わせて使っています。

ただ、こういった使い方を想定していない方が多いと思いますので、やっぱり基本的にはXproの方が使い勝手が良いですね。

[比較検証レビュー]GODOXのAD200が人気な理由[おすすめの大光量ストロボ]発売当初からカメラマン界隈で話題になり、もはや今では必須のカメラ機材となった「GODOX AD200」。 何がそこまで優れているの...
[比較検証&レビュー]GODOX H200Rの光拡散力が凄い!AD200おすすめ人気アクセサリー紹介。GODOX AD200はこの「H200R」を使用するためにあると言ってもいい。 光量の違いを検証して写真に収めてきましたので是非ご...

新しく発売した「X2T」

X1Tの上位機種で各ストロボの設定に一発でいけるボタンが本体上部に5個追加されました。

これにより操作性は上がりましたが、光量調節の際最後に決定ボタンを押す関係上、やはりボタン操作はXproよりも多く不便です。

その他のできることに関しては同じです。

値段もX1Tに比べて上がりましたのでさらにXproとの価格差が小さくなっています。

XproやX1Tなどの口コミ

「Xproの形が好きじゃない」という口コミもありました。

しかしながら大方はXproの方が使い勝手が良いという口コミが多いように感じました。

XproやX1Tの買い方

購入の際はお持ちのカメラに対応したものを買いましょう。

製品名の後に続くアルファベットで対応カメラを判別できます。
例:[Xpro-c]ならキヤノン用です。

C・・・キヤノン
N・・・ニコン
S・・・ソニー
F・・・富士フィルム
O・・・オリンパス、パナソニック
P・・・ペンタックス

・キヤノン用

created by Rinker
GODOX
¥7,650
(2019/11/20 08:50:43時点 Amazon調べ-詳細)

・ニコン用

・ソニー用

created by Rinker
GODOX
¥7,650
(2019/11/20 08:50:45時点 Amazon調べ-詳細)

・富士フィルム用

・オリンパス、パナソニック用

・ペンタックス用

※ペンタックス用のX1Tは在庫切れが長期に渡って続いています。

まとめ

・できるだけ安いのを買いたい方・・・X1T
・AD200をクリップオンで使いたい方・・・X2T

・その他全ての方には操作性の高いXproが良いと思います。

X1Tも慣れると悪くはないんですが、撮影のテンポが遅くなるのであまり好んで使うことはないですね。

また、GODOX Xpro X1T X2T共に単三電池を2個使いますのでエネループなども合わせて購入しておきましょう。

電池効率はめちゃくちゃいいので電源入れっぱなしでも2個で十分1日もちます。

[ポートレート]おすすめの人気ストロボ・選び方[初心者]格安ストロボGODOX・Neewer・YONGNUOが熱い!今回はポートレート用にストロボ(スピードライトとも言う)欲しいけどどれ買えばいいの?安いのでもいい?という疑問を解決したいと思います! ...
オフストロボの方法!オススメの必要機材はこれ!![初心者用]ラジオスレーブや送信機って何?人気商品紹介!こんにちは、イベント撮影情報発信カメコのつっしーです(*゚▽゚)ノ 今回は、カメラからストロボを離して活用する「オフストロボ」に必...
[ポートレート]もう白飛びしない!NDフィルターの使い方[初心者用]おすすめの人気商品と選び方もご紹介!晴天の日など外が明るすぎて白飛びしやすいですよね。 今回はそんな白飛び対策で「NDフィルター」がオススメというお話です! ...
[徹底検証]人気のおすすめストロボディフューザー超厳選6商品![ポートレートに最適]ポートレートでは必須とも言えるディフューザーには沢山の種類があってとても迷いますね! 今日はそんな各ディフューザーのメリットだけで...
[一眼カメラ]最初に揃えたいおすすめアクセサリー総まとめ[一眼レフやミラーレス一眼に]カメラを購入したら最低限揃えたいアクセサリーから、もっとカメラが楽しくなるアクセサリーをご紹介します! なんとなくカバーやストラッ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です