nasne

nasne(ナスネ)接続にオススメなケーブルや機材をご紹介!

今回の記事は、
nasneにオススメのアンテナケーブルや分配器などのご紹介です!

ご家庭の環境で何のケーブルや機材が必要なのかわからない方は、先に下記の記事にてわかりやすく解説しているのでまずはそちらをご確認ください。

超簡単!nasne(ナスネ)接続方法4パターン!必要な物も紹介!今回はテレビレコーダーnasneの接続方法を5パターンまとめました。 パターンに応じて必要な物を書いていきますので、一緒にチェックして...


まず、私が買うときに気をつけているのは

1.ケーブルの長さは余裕をもって選ぶ
2.粗悪品を買わない

です。

1.ケーブルの長さは余裕をもって選ぶ
実際に必要な長さを測ったら“その長さ+1m”は余裕を持ちたいです。
理由は、
・ケーブルが抜ける原因と痛む原因になる
・ケーブルがピンと張っていると引っかかる原因となる
・模様替えの際に長さが足りなくなる
などです。

2.粗悪品を買わない
粗悪品の見極め方は、
・類似品と比べ極端に安いもの
・レビューに星5が多く星4が少ない(Amazonではこれで大体わかる)
・販売元が日本国外である
以上のものには十分に注意しましょう。

Amazonで購入するならできるだけ、販売元あるいは発送元がAmazonであると返品などもスムーズに行えるため安心と言えます。

それではオススメの商品の紹介です!

アンテナケーブル

※nasneには1.5mのアンテナケーブルが付属されています。長さが足りない場合などは購入しましょう。
まずは、”部屋の壁のアンテナ端子からnasneにつなぐアンテナケーブル”のオススメです。

[オススメの理由]
片方がL字のため壁に這わせやすい。
・もう片方はI字でnasneに接続しやすい。
・I字の方がねじ式になっているため外れにくく丈夫
・白と黒の2色
・0.3m〜20mまで細かく選べる

次に、“部屋の壁のアンテナ端子とは関係のない箇所(”nasneとテレビ”や”分配器とテレビ”等)”で使う場合のオススメ

先ほどとは違い、両方がI字のため機材同士を接続するのに優れています。
こちらも色と長さが選べます。

もしこちらが売り切れの場合は、安定のエレコム製品という選択肢もあります。

こちらも長さやネジ式ストレート式選べますが、色はブラックのみとなっています。
エレコムは先に紹介したホーリック製品よりも値段が高いですが品質には定評があり、ケーブル自体も少し細めです。

筆者はホーリック製品を使用しており5年以上経過しますが問題なく使用できています。

LANケーブル

※nasneには1mのLANケーブルが付属しています。
長さが足りない方は追加購入しましょう。(殆どの人が長さ足りないはず…)
オススメLANケーブル

[オススメの理由]
・フラットケーブルで床に這わせやすく、ドアの下も通しやすい
・カテゴリー6or7と表記があり安心

カテゴリーとは、データの伝送速度に影響する数値で、最新のものはカテゴリー8(cat8)です。PCにLANケーブルを使用する際はできるだけ最新のカテゴリー8をお勧めしますが、nasneはLANケーブルを介したデータ伝送が主ではないため、カテゴリー6,7でも十分であり、使用感による違いはほぼないと言えます。

分波器

オススメの分波器

混合器

屋内で使用する場合

屋外で使用する場合の

分配器

オススメの分配器

・一つのアンテナ穴から3分配したい方

・分配器を壁のアンテナ穴にうまく差し込めない場合、短いアンテナケーブルを購入しアンテナ穴と分配器を繋げます。

分波器

オススメの分波器

スイッチングハブ

[スイッチングハブについての説明]

・スイッチングハブとは?
現在使用されている親機のハブ(LANケーブルを挿している大元のやつ)の刺し口が足らないときに、コンセントのたこ足配線と同じように“挿し口を増やせる”というものです。
・使い方は?
現在使用しているハブと新しく購入したスイッチングハブをLANケーブルで接続するだけです。よって短いLANケーブルも追加で必要となるでしょう。
・速度の違い→今回は1000BASE-T以上のものをお勧めとしてあげています。これは伝送速度で安いものだとかなり遅いので注意しましょう。
・電源内蔵か外付けの違い外付けだとコンセントを一口使用します。電源内蔵の方が便利ですが、値段は1.5倍以上します。

↑5ポート、外付け電源

↑5ポート、電源内蔵

外付けドライブ

番組録画はnasne本体にできますが、容量が足りなくなった場合などに必要となります。

・30分番組を高画質録画で容量約3.5GB。
・nasneに接続できるのは6TBまで。(旧nasne[SIE製]の場合2TBまで)
・外付け電源と電源不要タイプがある。
・nasne側がUSB2.0なのでそれ以上のものを購入しても効果がない。(使用はできる。)
・フォーマットはXFS。(旧nasne[SIE製]の場合FAT)
※パーテーション分けでは認識しないとの報告あり。
公式が推奨する外付けドライブがあるのでそこからピックアップ。

※PCに使うフォーマットとは違うため、詳しくない方は必ず公式が推奨するものを購入しましょう。
公式が推奨するまでもなく、これから紹介する外付けドライブは値段的にも性能的にも業界最優秀部類なので安心して大丈夫です。

実際の設定の方法は、nasne公式HPに詳しく掲載されています。
以上を踏まえてお勧めをご紹介します。

・公式推奨
・2,4,6TBから選べる
・縦置きができる
・外付け電源

・公式推奨
・1,2,4TBから選べる
・バスパワー(電源不要)
※バスパワーのデメリットは少し値段が高いことと、ごく一部ですが「勝手にスリープしてしまう」という報告が絶えないことです。録画機器において致命傷となる報告なので、購入の際はご注意ください。

Wi-Fi中継機

nasneを活用してテレビ番組を見たい部屋がLAN親機から離れていて、Wi-Fi電波が届きづらい場合に必要となる。
こちらも公式が推奨する製品があるのでそこからピックアップ。

※一般家庭内で電波が届きづらい位であれば殆どの場合解消されると思いますが、絶対ではありません。想定以上に距離が離れていたり、間にコンクリートの分厚い壁があったりすると難しいです。製品情報を詳しく確認してからご購入下さい。

まとめとオマケ

本体に付属しているものや、家にあるものと合わせて必要以上に購入しないように注意しましょう。

また、PCTVPlusを使ってnasneの録画データをDVDやブルーレイディスクにダビングしたい場合は、別途ディスクやドライブが必要になります。

こちらは長くなってしまったので別記事にまとめました!

PCTVPlusでnasne(ナスネ)からDVDやBDにダビングする方法!PCTVPlusを使用して、ナスネからDVDやBDに録画データをダビングする方法を解説します。 PCTVPlusについての基本説明...

今回の記事は以上となります。

他にもnasneに関するお役立ち情報などを下記に掲載しています。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

テレビレコーダーnasne(ナスネ)レビュー!スマホで録画保存!ニコニコ実況も表示可能!まず結論! ・テレビレコーダーnasneに出来ること! ・テレビやスマホ,PCでテレビ番組の視聴・録画 ・ニコニコ実況と共...
超簡単!nasne(ナスネ)接続方法4パターン!必要な物も紹介!今回はテレビレコーダーnasneの接続方法を5パターンまとめました。 パターンに応じて必要な物を書いていきますので、一緒にチェックして...
nasne(ナスネ)接続にオススメなケーブルや機材をご紹介!今回の記事は、 nasneにオススメのアンテナケーブルや分配器などのご紹介です! ご家庭の環境で何のケーブルや機材が必要なのかわ...
nasne(ナスネ)2台接続を徹底レビュー!新型旧型(BUFFALO,SIE)の関係も解説!まず結論! ・新旧違うnasneでも接続可能 ・2番組同時録画できる ・2台接続してもtorneは完璧な対応 ・1番組録画中にt...
ニコニコ実況を映像付きでテレビ・スマホから見る方法![祝!機能復活]今回はニコニコ実況をこんな風に楽しめるnasneのご紹介!! (nasneニコニコ実況は諸事情により利用できない状態にあり...
パソコンからテレビを見る方法!PCTVPlusとnasne(ナスネ)!今回は、パソコンと連携できる優秀なレコーダー「nasne(ナスネ)」とそれをPC上で利用可能にする「PCTVPlus」のご紹介です。 ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です