Apple

[要注意]iPhoneX/Xs/XsMax/XR保護フィルム選びに警告!

iPhoneXからは指紋認証がなくなり、ロック解除などにはFaceIDを使用するようになりました。殆どの液晶保護フィルムがFaceID対応となっている中、2019年になってもAppleの基準を満たしていないフィルムが当然のように売られています。

それにより「FaceIDが正常に機能しない」という状態に陥ってしまいます。

これからiPhoneX及びXs/XsMax/XRのフィルムを購入する方が後悔しないよう、注意点と対応商品をご紹介していきます。

センサー部分を覆うフィルムはNG!!

iPhoneX/Xs/XsMax/XRには各種ノッチと呼ばれるセンサー類が集合したエリアが画面上部に存在します。


このノッチ部分には、カメラレンズスピーカーの他にも近接センサー投光イルミネータ光センサーなど様々なセンサーがあり、”センサーハウジング“と呼ばれています。

Appleは公式のガイドラインでこの「センサーハウジング部分を遮らないようにする」としています。

しかし保護フィルムの中には下の画像のようなものが多く出回っています。
・ノッチのスピーカー部分のみ切り抜かれた保護フィルム

・センサー部分をくりぬいたフィルム

しかしこういった製品でも、商品レビューでは良いとされているものあります。

それは液晶保護フィルムは無色透明であり、最近のものは極薄です。よってセンサーに影響を及ぼしにくく、影響が出にくい場合が多いためと考えられます。

しかし、フィルムで覆っている以上光は屈折していますので、環境や明るさ、フィルムの汚れや貼り方、経年劣化により、FaceIDが機能しなくなる場合があります。

度々機能しないとなると地味にストレスがたまりますし、運が悪ければ最初から機能しません。

そうした可能性がある以上、これから購入する方はしっかりとAppleのガイドラインに沿った液晶保護フィルムを購入し、後悔しないよう注意しましょう!

選ぶべきフィルムの特徴

Appleのガイドラインに沿ったフィルムの判別は簡単です。

このようにセンサーハウジング(ノッチ)部分が丸ごと切り抜かれているものです。

センサー部分にフィルムが一切干渉しておらず、Appleのガイドラインも満たしています。

これよりオススメするものは上記の条件を満たしたもののみをご紹介します。

iPhoneX/XS(5.8インチ)用

・Nimaso

液晶保護フィルムでは安定のNimasoです。こちらの製品は2枚入りで、最近流行りの“ガイド枠”が付属しているのが特徴です。ガイド枠はフィルムを貼る際に本体に設置し使用することでこれまでになく、簡単に綺麗に貼れることが特徴です。アマゾンでトップセラーの商品です。

・Velagol

ブルーライトカットの保護フィルムです。”ブルーライトカット”というのが流行っていますが、重要なのは何%カットしてくれるかです。実際大してカットしていない商品は何%カットか明記していません。90%はカットしてほしいところですが、こちらは96%カットと大変優秀です。さらにブルーライトをカットすると透過率にも影響を及ぼしますがこちらは99%の透過率なのでその面でもクリアしています。2枚入りなのもお得!

・ASDEC

覗き見防止フィルムです。私は電車で使用することが多いのでこちらを使用しています。注意点としては、本品を貼ると通常よりも少し暗くなります。ただし、隣に座っている人からは全く画面は見えなくなります。画面を明るくすればいいだけなので個人的にはあまり気になりません。

・EURPMASK

アンチグレアフィルムです。通常のガラスフィルムと違い、触り心地がサラサラしているため、ゲームや文章をたくさん打つ人には最適なフィルムです。

iPhoneXsMax(6.5インチ)用

・Nimaso

液晶保護フィルムでは安定のNimasoです。こちらの製品は2枚入りで、最近流行りの“ガイド枠”が付属しているのが特徴です。ガイド枠はフィルムを貼る際に本体に設置し使用することでこれまでになく、簡単に綺麗に貼れることが特徴です。アマゾンでトップセラーの商品です。

同じくNimasoで、こちらは覗き見防止フィルムです。ガイド枠付きです。

・Velagol

ブルーライトカットの保護フィルムです。”ブルーライトカット”というのが流行っていますが、重要なのは何%カットしてくれるかです。実際大してカットしていない商品は何%カットか明記していません。90%はカットしてほしいところですが、こちらは96%カットと大変優秀です。さらにブルーライトをカットすると透過率にも影響を及ぼしますがこちらは99%の透過率なのでその面でもクリアしています。2枚入りなのもお得!

・Mothca

アンチグレアフィルムです。通常のガラスフィルムと違い、触り心地がサラサラしているため、ゲームや文章をたくさん打つ人には最適なフィルムです。さらに、指紋がつきにくく映り込み軽減の効果もあるのがポイントです。

・Zabarsii

覗き見防止のアンチグレアフィルムです。2枚入り。アンチグレアなので指紋がつきにくい

iPhoneXR(6.1インチ)用

・Nimaso

液晶保護フィルムでは安定のNimasoです。こちらの製品は3枚入りで、最近流行りの“ガイド枠”が付属しているのが特徴です。ガイド枠はフィルムを貼る際に本体に設置し使用することでこれまでになく、簡単に綺麗に貼れることが特徴です。アマゾンでトップセラーの商品です。

・Velagol

ブルーライトカットの保護フィルムです。”ブルーライトカット”というのが流行っていますが、重要なのは何%カットしてくれるかです。実際大してカットしていない商品は何%カットか明記していません。90%はカットしてほしいところですが、こちらは96%カットと大変優秀です。さらにブルーライトをカットすると透過率にも影響を及ぼしますがこちらは99%の透過率なのでその面でもクリアしています。2枚入りなのもお得!

・Mothca

アンチグレアフィルムです。通常のガラスフィルムと違い、触り心地がサラサラしているため、ゲームや文章をたくさん打つ人には最適なフィルムです。さらに、指紋がつきにくく映り込み軽減の効果もあるのがポイントです。

・Zabarsii

覗き見防止のアンチグレアフィルムです。2枚入り。アンチグレアなので指紋がつきにくい

まとめ

フィルムには結構キズがついてしまうので数枚入りは助かります。

また最近はガラスフィルムが主流になりました。ガラスなので衝撃を与えると割れます。

その時、”フィルムが割れた”だけなのに”本体の液晶が割れた”と勘違いする人が結構多いようです。ガラスフィルムは思った以上に液晶を本体を守ってくれます。

最近のスマートフォンは高価ですので、安心を買うという意味でもやはり液晶保護フィルムは欠かせませんね。

著:つっしー

[iPadPro]smart keyboard folioレビュー!あえてのデメリット!※追記あり今回は2018年に発売したiPadPro(第三世代)用のsmart keyboard folioのご紹介です。 打...
[iPadPro]活用術!まず揃えたいアクセサリーまとめ!もおおおおおおiPadProが楽しくて可愛くてしょうがない! そんな私が厳選したおすすめのアクセサリー(周辺機器)をご紹介します!...
[iPadPro]カバーとフィルム選び要注意![被害者大勢]※追記アリ大好評の新型iPadProですがカバー選びに気をつけて!! 「そのカバー!Apple Pencil 2がくっつかないよ!!」 そ...
テレビレコーダーNasne(ナスネ)レビュー!スマホで録画保存!テレビ録画してスマホで見たり ダウンロードしたりもちろんそのままテレビで見たり 気が向いたらパソコンでも見ちゃったり なんか他にも...
[禁断機能アリ]アニメ好き必見TVレコーダーnasne(ナスネ)アニメってめっちゃ面白いのになかなかその面白さを共有できる人って少ないですよね。 ただそんな時私はnasneに出会ったんです!! ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です